2011年07月04日

サンゴミズキさん

【思い出の一枚!】




【旅にっき】

今日は、『●○●○● アート&カフェ サンゴミズキ ●○●○●』ブログを書いていらっしゃるお方に会いに行きます!

筑波大学の近くに・・(詳しい場所はこちら

お店を発見!





かわいいお花の階段を通り抜けて・・






さて、今日はどんなブロガーさんに出会えるのでしょうか・・?




笑顔で迎えてくださったこの方が本日の主役☆☆

●○●○● アート&カフェ サンゴミズキ ●○●○●』ブログを書いていらっしゃる、サンゴミズキオーナーの五十嵐さんです(^^)



土浦市出身の五十嵐さん。

18歳のときに上京し、それから40年間東京で生活した後、つくばに移住。



自宅の隣に工房を建て、はじめは一人で押し花などの物づくりをしていましたが、「一人でやっていても楽しくないので、みんなに空間を提供しよう!」と思い立ち、公民館のようにみんなが集まって楽しく過ごせる場所「アート&カフェ サンゴミズキ」を始めました。



そんな五十嵐さんの想いが少しずつ伝わり、現在では15講座が開かれる会場となり、毎日アートや音楽を楽しむ仲間が集まってくるようになりました♪

この日開かれていたのは、カリグラフィー教室!



先生にアドバイスをもらいながら、皆さん真剣にカリグラフィーの練習中!

生徒さんは、カリグラフィー歴1年の方から7年の方までいらっしゃいます(^^)

「全てを忘れて集中できる!」のだそうです♪



「カリグラフィーって・・??」という方のために、先生の作品をご紹介しましょう☆







表情豊かな文字達が、小さな挿絵と共におしゃれにまとまっています!!

カリグラフィーの作品を生で見るのは初めてで、とても感動しました(^^)

こんな大作を作れるようになるには何年もかかりそうですが、小さなメッセージカードであれば、少し練習を重ねれば出来るようになりそう♪


教室の後は、みんなでお茶とお菓子を囲んで和気あいあいと・・☆




このように、おしゃれな空間で自分の好きな講座を楽しめ美味しいお茶でゆっくりくつろげる・・

サンゴミズキは、五十嵐さんが人生の集大成として作り上げた、みんなの広場なのです。



講座を受けなくても、ふらっと立ち寄ってちょっと一服することももちろんOK!

サンゴミズキのカフェメニュー、夏には手作りのフレッシュジュースが登場します♪



赤い色がとっても鮮やかなこちらは、赤紫蘇ジュース☆

隠し味に梅シロップも入っていて、本当に絶品です!!


店内には、講座を開いている先生の作品が展示してあり、気に入った物を購入することも出来ます。







お庭には、サンゴミズキの木が!



枝が赤くて、花が白く、葉が大きくて秋には真っ赤に紅葉する。

一年中楽しめるサンゴミズキの木が、五十嵐さんは大好きなのだそうです(^^)


サンゴミズキオーナー・五十嵐さん、お会いできて嬉しかったです♪

どうも有難うございました!



★五十嵐さんからのメッセージ
「毎日つくばちゃんねるブログを書いています。
そこでサンゴミズキの予定をお知らせしているので、その中から楽しそうなものを見つけて遊びに来て下さい!」


【お店情報】
サンゴミズキ

・住所:つくば市天久保4-5-18
・TEL :029-854-0722
・ブログ:『●○●○● アート&カフェ サンゴミズキ ●○●○●

詳しくはこちらへ!


【おすすめ講座情報】

≪エレガントサイエンス ミニ講座:料理の科学 「アク取りってなあに?」≫
 ・日時:2011年7月6日(水) 13:30~14:30
 ・料金:1000円
 ・場所:サンゴミズキ

≪水彩スケッチ教室≫
 ・日時:2011年7月13日(水) 13:00~15:30
 ・料金:3000円
 ・場所:サンゴミズキ
 ・持ち物:お持ちの水彩絵の具や筆・雑巾、筆記用具(当方でも準備します)
 

【カリグラフィー教室情報】

「広い心で受け止めて下さる」「いつも褒めて下さる」と生徒さんから大絶賛の加藤雅子先生。



それぞれの生徒さんの個性を大切に、カリグラフィーを楽しんでもらうことを第一に考えていらっしゃいます!

そんな加藤先生の教室情報は以下の通りです(^^)

●第1・3火曜日 10:00~12:00 @阿見町の公民館

●第1・3火曜日 13:00~15:00 @サンゴミズキ

●第1・3金曜日 10:00~12:00 @洞峰公園

●第3金曜日 13:00~15:00 @茎崎公民館


ご興味のある方はぜひ♪
Posted by つくばちゃんねる at 12:25│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。